ホーム - サイトマップ - RSS - お問い合わせ文字サイズ:   

セッションルーム便り

何人もの人格が私の中に 多重人格 解離性同一性障害 

2021/01/09

かつて多重人格と呼ばれたものが今は解離性同一性障害(Dissociative identity disorder)と呼ばれます。これは解離性障害の一つです。

解離性障害とは耐え難い経験をしたときにそれを自分の経験ではないと感じたり、その時の感情や記憶を切り離すことでダメージを回復させようとすることで起きる障害です。

解離性同一性障害は、その切り離した感情や記憶が発展し別人格となり表に現れます。

乖離(かいり)は誰にでも起こります。ショックなことに見舞われると目眩を起こしたり、気を失ったりします。それを乖離と呼びます。

それがさらに大きな精神的苦痛が耐性の弱い子供に起こり、限界を超えると体外離脱や記憶喪失で自分の心を守ろうとします。これが一過性のものならまだ障害とは呼びません。

このような状況が繰り返され慢性的になり、生活に支障をきたすようになると解離性障害です。

解離性同一性障害は切り離した自分の感情や記憶が成長し、それ自身がひとつの人格のようになって、一時的、あるいは長期間にわたって表に現れる状態です。

私はアメリカでの事例が多い障害だと思っていましたが、日本でも多くの症例があることを最近知り合いの精神科医の先生から教えていただきました。

例えばこんな場合があります。 母親はすごく良い子で手がかからずスムーズに育ってきたと思っていました。 しかし娘は、「いい子でいなくては」と親の気持ちをくみ取りながら生きているうちに自分の気持ちが内側にこもり解離が始まりだしたのです。 報告されている事例は娘の場合が多いですが、息子の場合もありえます。

このような事例は実際に何度も目にしています。母親がまるでマネージャーのように振る舞い、子供はそのコントロール下の芸人のようです。

自分の夢を子供に託さないでください。子供は別人格です。
自分の夢は自分で追いましょう。今からでも遅くありません。
あなたが夢を追うすがたが子供には良い手本になります。

解離性障害が重症化しやすいのは「安心していられる場所の喪失」があります。

日本の場合、家庭内では両親の不仲、家庭外では学校でのいじめがあり、 「安心していられる場所の喪失」とは、逃げ場を失い、逃げることもできずに不安で不快な気持ちを反復して体験させられるという状況です。

何があろうとあなたがいつも子供の味方で、我が家が安心できる避難所であれば子供の問題は悪化しません。

治療のヒントです。
まず第一に安心できる場を作る。(逃げ場)
人格の統合に拘らない。
優しく、親切に接し、生活上の具体的なアドバイスをする。
病気と治療について解りやすく明確に説明する。
自己評価を維持させ、回復の希望を持たせる。
家族、友人(恋人)との連携をはかる。







表示/非表示2021年

表示/非表示2020年

12月
31日:「てんかん」 脳の慢性疾患 生活に支障
30日:見えない障害
29日:母の苦悩
28日:日本語の乱れ 何とかなりませんか?
26日:電気で別人に
25日:黒質、パーキンソン病、ドーパミン
24日:視床下部
23日:海馬(hippocampus)
22日:視床(thalamus)
21日:扁桃体 (Amygdala)
20日:眼窩前頭皮質 (Orbitofrontal cortex)
19日:島皮質(とうひしつ)
18日:ホムンクルス 脳内の小人
17日:右脳と左脳
16日:デルタ波は特別 一番低い周波数
15日:ニューロフィードバックは魔法ではありません。
14日:眠り 睡眠、寝付き 
13日:あなたの利き脳はどちらか知っていますか?
12日:潜在意識へリーチ その英知を使う
11日:超能力 サイキック
10日:見るだけで学ぶ ミラーニューロン
09日:共感 エンパシー
08日:体のマスターになろう 奴隷にならないために
07日:シータ波 徐波の代表
05日:十人十脳 個人差は大きい
04日:波、周波数
03日:地球の周波数
02日:二面性
01日:痛み ペイン 無いと困るが、あっても困る 
11月
30日:猫は鏡を見ないでもあんなに可愛い。
29日:状況依存記憶
28日:幸せになるには左脳は不要?
27日:私のなんちゃって動作法プラス「ゆる」の紹介
26日:「変性意識状態」と宗教
25日:否定文の暗示は効果がない。
24日:体の柔らかさは健康のバロメーター
23日:結構フィジカルだったりします。
22日:発達の凸凹
21日:感覚過敏症
20日:潜在意識
19日:セルフメディケーション、自己治療、
18日:ブレーキとアクセル 前頭前野と偏桃体
17日:アルファ波のスピードは解像度
16日:愛情の反対は憎しみではなく無関心
15日:感情
14日:変性意識状態
13日:記憶と人格
12日:ドーパミン
11日:バイノーラルビーツ
10日:文化人類学
09日:トランプ大統領から学ぶこと
08日:脳の柔軟性
07日:脳の癖
06日:スイートスポット
05日:記憶の混乱
04日:妖怪見つけた
03日:心臓の記憶 
02日:ADDと睡眠不足
01日:双極性障害とニューロフィードバック
10月
31日:境界 バウンダリー 何処までが本当?
30日:ネガティブは不要?
29日:遅読はどうですか?
28日:プロエイジングはどうよ?
27日:自律訓練法
26日:ドライブ 動因
25日:思いは届くか
24日:ニューロフィードバックは個人的、オーダーメイドのトレーニング
23日:ニューロフィードバックに診断名は不要
22日:同じ症状でも原因は異なることがある。
21日:記憶の不思議
20日:セカンドオピニオン 診断
19日:皆、脳の中に住んでいる We live in our minds
18日:脳波はマイクロボルトの単位です。
17日:言語野のトレーニングについて
16日:日本語 カタカナの功罪
15日:深呼吸をしましょう。
14日:ブレインマップで分かること
13日:左利きは寿命が短い
12日:ブレインマップの勧め
11日:ブレインマップ 脳地図 自分の脳を知ろう
10日:脳波 フィーノタイプ EEG phenotype
09日:脳波とIQ
08日:アンパンチは正義か?
07日:「隠れ脳梗塞」とニューロフィードバック
06日:神は詳細に宿る ニューロフィードバック トレーナーの能力
05日:歯、靴、椅子
04日:アンパンマンとバイキンマン
03日:デルタ波とニューロフィードバック
02日:シータベータレシオ T/B ratio ADDの指標
01日:人格の多面性と仏面
09月
30日:ニューロフィードバックと発作
29日:届けニューロフィードバック 届け我が思い
28日:明晰夢 極めろ 世界の王になるために Lucid Dream
27日:頭痛の不思議
26日:洗脳
25日:痛いの痛いの、飛んでけ〜 痛みとニューロフィードバック
24日:良い脳波も悪い脳波もない
23日:アメリカ 個人宅 ニューロフィードバック講習会
22日:うつ病とニューロフィードバック パート2
21日:うつ病とニューロフィードバック
20日:ディスレクシア  失読症、難読症、識字障害、読字障害、読み書き障害、
19日:「サブリミナル(意識下)効果」
18日:ワクチンと自閉症
17日:ファミリーダイナミクス 家族力動
16日:ピークパフォーマンス ニューロフィードバックの一部門
15日:痛み解消 ニューロフィールド
14日:ブロードマンの脳地図
13日:歳を取るメリット
12日:ニューロフィードバック・トレーニング デハブ
11日:ニューロフィードバックでも駄目な場合は?
10日:ニューロフィードバック・トレーニング リワード周波数の不思議
09日:あなたは性善説?
08日:ニューロフィードバックトレーニングこぼれ話 多動は脳のコーピング行動
07日:ディープ・ステート・トレーニング
06日:SMRについて
05日:根暗なのは欠点じゃないしあなたのせいじゃない
04日:ニューロフィードバックトレーニングこぼれ話 瞑想時のアルファ波は特別
03日:アルファ波と認知力
02日:ジョン・レノンとアルファ波トレーニング
01日:アルファ波トレーニングに気をつけて
08月
31日:ニューロフィードバックに知っていると役立つ脳波特性
30日:ニューロフィードバックの基礎知識
29日:マーガレット 昏睡患者 回復動画
28日:10-20法
27日:QEEG ブレインマップ
26日:亮君はセッションルームに入るなり窓際まで走りました。
25日:ADDは人類が生存をかけた進化の試み
24日:私が英語の勉強を勧める訳
23日:ダウン症の笑顔の裏 
22日:腎不全と脳
21日:自分にタイトルを付ける
20日:今家で出来ること マルチタスクを極めよう
19日:今家出できること heart rate variability 呼吸法
18日:ニューロフィードバックトレーニング
17日:回復を阻害する3つのファクター
16日:ニューロフィードバックの効果を倍にするには
15日:脳からの囁き、特別なリズム SMRカラスイートスポットへ
14日:ニューロフィードバックの理解
13日:ニューロフィードバックは依存症に効果的
12日:重犯罪者は脳損傷患者
04月
13日:今できること「音読」
07日:今できること
04日:今できること4「ゆる」
02日:今できること3「呼吸」
01日:今できること2「倍返し」
03月
31日:今できること。

表示/非表示2018年

表示/非表示2015年

表示/非表示2014年

表示/非表示2013年

表示/非表示2010年

表示/非表示2009年

最上部へ

  • お勧め図書のご案内
  • インターネットで日本中どこでもニューロフィードバックが受けられます!
  • 兵庫県西宮市でニューロフィードバックを受けられます
  • セッションルーム便り
  • 発達障害って治る? -ニューロフィードバックから見た発達障害-
ホーム
サイトマップ
お知らせの履歴
セッションルーム便り
管理者情報
ニューロフィードバックとは
ニューロフィードバックの紹介
実際のニューロフィードバック
ニューロフィードバックの感想
ニューロフィードバック学会紹介
対応症状
自閉症
ADD/ADHD
認知症の予防
アルツハイマーは早期発見が大切
大友式ぼけ予測テスト
不眠症
うつ病
脳梗塞
てんかん
ニュース
ニューロフィードバックがニューヨークタイムズで大きく取り上げられました。
熱ショックタンパク質損傷で脳疾患 金大・山嶋准教授ら研究
ジャグリングで脳の「白質」に変化、英研究
アメリカのオンラインラジオ番組でニューロフィードバックを紹介
サイエンス・デイリー
ワールドカップ優勝チームのニューロフィードバック使用について
詳しい情報
基本的な脳の構造
脳波の理解
アルファ・シータ・プロトコール
トレーニングサイトの見つけ方と基本的トレーニング方法
トラディショナル・ニューロフィードバック
LENS (Low Energy Neurofeedback System)
HEG (Hemoencephalography) (nIR)
超低周波トレーニング
ニューロフィードバックの研究
LZTについて
よくある質問
お申し込み
トレーニングプラン
料金表
お申し込み方法
セッション・ルーム
お申し込みフォーム
リンク
ニューロフィードバック関連
発達障害
心のセラピー

お問合せ先

発達障害トレーナー、ピートと佐藤

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
固定電話: 042-445-3774
携帯電話: 090-7302-1282
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

Neurofeedback Japan

  • RSS 1.0
  • RSS 2.0
  • Atom

© 2009 Neurofeedback Japan