ホーム - サイトマップ - RSS - お問い合わせ文字サイズ:   

セッションルーム便り

ブロードマンの脳地図

2020/09/14

脳を理解するためにいろいろな分類法があります。
まず右脳左脳と2つに分かれます。

右脳はイメージ主体、感覚、感情、ニュアンス、芸術、ビッグピクチャー。
左脳は論理、詳細、言語、推理、詳細
つづいては前頭葉、頭頂葉、側頭葉、後頭葉と分けられます。
前頭葉はエグゼクティブファンクション
頭頂葉は統合、側頭葉は聴覚、言語(左)後頭葉は視覚など。

さらに詳細にするためにブロードマンの脳地図があります。
ブロードマンの脳地図とは、コルビニアン・ブロードマンによる大脳新皮質の解剖学・細胞構築学的区分の名前です。つまり細胞の種類や構造の違いでの分類です。
大脳皮質組織の神経細胞を染色して可視化し、組織構造が均一である部分をひとまとまりとして1から52までの番号を付けています。
細胞構築の特徴はその部位の神経細胞の情報処理特性と関係していると考えられていて、脳機能局在論では領野を示すのにこの地図がよく使われます。
つまり違う種類の細胞もしくは構造であれば、恐らく違う機能に従事していると考えられます。機能局在です。言語野のようにその機能が分かっている部位もありますが、まだまだ不明な部位が多いのが現実です。
しかもさらにこれを複雑にするに、どうやら部位毎に分かれた機能局在より、いろいろな部位がネットワークを作り共同で作業に当たっているようです。
つまり機能局在偏重は避けるべきで更に注目すべきはネットワークです。ネットワークには最近話題に出るデフォルトモード以外いろいろ見つかっています。
大きな声では言えないけれど、テレビとかで脳は何とか、脳はかんとかとか言っている脳科学者の言動は半分ぐらい怪しい。だって脳について分からないことが本当に多いのだから。そうかも知れないが、違うかも知れないが本当のところ。
ニューロフィードバックの優れた点は理論を偏重しない。
臨床的、つまり実際に効果のあるものだけを選んで使うからです。
実際に脳波にどう影響するかリアルタイムで確かめしかもその脳波パターンの変化がどう症状に影響を与えるか毎回確認するからです。
大脳は数百億という神経細胞が集まって構成されています。神経細胞には形態と機能が異なるさまざまな種類があり,大脳皮質ではそれらが種類ごとに地層のような層構造を形成しています。
それをブロードマンは6層に分け,さらにこの6層構造が大脳皮質の場所ごとに異なることを発見しました。このような層構造を大脳皮質全体で調べ,層構造の共通するところ,異なるところで区分けし,52の領野に分けました。この情報を大脳の図にマッピングし,ビジュアル化したものがブロードマンの脳地図なのです。
ブロードマンの脳地図はつまり,形態の差異に基づいた脳の区分図なのです,形態の差異が機能の差異に結び付いたからです。
ニューロフィードバックのトレーニングのアプローチ方を考える時、役立つ知識です。こんな脳の分類法があることを知っていると何かの役にたつこともあります。

表示/非表示2020年

09月
19日:「サブリミナル(意識下)効果」
18日:ワクチンと自閉症
17日:ファミリーダイナミクス 家族力動
16日:ピークパフォーマンス ニューロフィードバックの一部門
15日:痛み解消 ニューロフィールド
14日:ブロードマンの脳地図
13日:歳を取るメリット
12日:ニューロフィードバック・トレーニング デハブ
11日:ニューロフィードバックでも駄目な場合は?
10日:ニューロフィードバック・トレーニング リワード周波数の不思議
09日:あなたは性善説?
08日:ニューロフィードバックトレーニングこぼれ話 多動は脳のコーピング行動
07日:ディープ・ステート・トレーニング
06日:SMRについて
05日:根暗なのは欠点じゃないしあなたのせいじゃない
04日:ニューロフィードバックトレーニングこぼれ話 瞑想時のアルファ波は特別
03日:アルファ波と認知力
02日:ジョン・レノンとアルファ波トレーニング
01日:アルファ波トレーニングに気をつけて
08月
31日:ニューロフィードバックに知っていると役立つ脳波特性
30日:ニューロフィードバックの基礎知識
29日:マーガレット 昏睡患者 回復動画
28日:10-20法
27日:QEEG ブレインマップ
26日:亮君はセッションルームに入るなり窓際まで走りました。
25日:ADDは人類が生存をかけた進化の試み
24日:私が英語の勉強を勧める訳
23日:ダウン症の笑顔の裏 
22日:腎不全と脳
21日:自分にタイトルを付ける
20日:今家で出来ること マルチタスクを極めよう
19日:今家出できること heart rate variability 呼吸法
18日:ニューロフィードバックトレーニング
17日:回復を阻害する3つのファクター
16日:ニューロフィードバックの効果を倍にするには
15日:脳からの囁き、特別なリズム SMRカラスイートスポットへ
14日:ニューロフィードバックの理解
13日:ニューロフィードバックは依存症に効果的
12日:重犯罪者は脳損傷患者
04月
13日:今できること「音読」
07日:今できること
04日:今できること4「ゆる」
02日:今できること3「呼吸」
01日:今できること2「倍返し」
03月
31日:今できること。

表示/非表示2018年

表示/非表示2015年

表示/非表示2014年

表示/非表示2013年

表示/非表示2010年

表示/非表示2009年

最上部へ

  • お勧め図書のご案内
  • インターネットで日本中どこでもニューロフィードバックが受けられます!
  • 兵庫県西宮市でニューロフィードバックを受けられます
  • セッションルーム便り
  • 発達障害って治る? -ニューロフィードバックから見た発達障害-
ホーム
サイトマップ
お知らせの履歴
セッションルーム便り
管理者情報
ニューロフィードバックとは
ニューロフィードバックの紹介
実際のニューロフィードバック
ニューロフィードバックの感想
ニューロフィードバック学会紹介
対応症状
自閉症
ADD/ADHD
認知症の予防
アルツハイマーは早期発見が大切
大友式ぼけ予測テスト
不眠症
うつ病
脳梗塞
てんかん
ニュース
ニューロフィードバックがニューヨークタイムズで大きく取り上げられました。
熱ショックタンパク質損傷で脳疾患 金大・山嶋准教授ら研究
ジャグリングで脳の「白質」に変化、英研究
アメリカのオンラインラジオ番組でニューロフィードバックを紹介
サイエンス・デイリー
ワールドカップ優勝チームのニューロフィードバック使用について
詳しい情報
基本的な脳の構造
脳波の理解
アルファ・シータ・プロトコール
トレーニングサイトの見つけ方と基本的トレーニング方法
トラディショナル・ニューロフィードバック
LENS (Low Energy Neurofeedback System)
HEG (Hemoencephalography) (nIR)
超低周波トレーニング
ニューロフィードバックの研究
LZTについて
よくある質問
お申し込み
トレーニングプラン
料金表
お申し込み方法
セッション・ルーム
お申し込みフォーム
リンク
ニューロフィードバック関連
発達障害
心のセラピー

お問合せ先

発達障害トレーナー、ピートと佐藤

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
固定電話: 042-445-3774
携帯電話: 090-7302-1282
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

Neurofeedback Japan

  • RSS 1.0
  • RSS 2.0
  • Atom

© 2009 Neurofeedback Japan