中国女性に日本語を教えています。

教材は

「子どもの心のコーチング」

良い部分の抜粋

「甘えを受け入れる」

「甘やかす」の違い

子どもは無条件に可愛がる

 

子どもは自己治癒力がないので

大きくなっても親の愛情が必要

 

学校での友達のいじわる

先生から叱られた

 

そんな時子どもは

親の愛を求め

「あのね・・」

 

少し立ち止まって

注意を向けて

聞いてあげると

癒されます。

それが「甘えを受け入れる」

 

「今忙しいからあとでね」

「そんなことぐらいで」

「べたべたしないでよ」

「もう大きいんだから」

 

これでは癒されません。

 

「甘やかす」は親の自己満足

こぼしたジュースを拭くのはお母さん

脱いだ服を拾って歩くのはお母さん

自分の後始末をするのは全部お母さん

 

自分で体験すべきことをさせないのは

「甘やかす」

 

甘やかせず、甘えを受け入れ、

子どもは無条件に可愛がりましょう。