ホーム - サイトマップ - RSS - お問い合わせ文字サイズ:   

トピックス

トニー・ロビンズもニューロフィードバックを勧める
世界で最も有名な自己啓発の指導者、トニー・ロビンズもニューロフィードバックを進めています。 http://www.businessinsider.com/brain-wave-technology-smarter-faster-science-neurofeedback-2017-3 2017/03/18
QEEGブレインマップがCNNで紹介
新しいテクノロジーが退役軍人の隠れた負傷やPTSDに希望を与えるかもしれません。 http://www.cnn.com/videos/tv/2016/11/11/new-technology-veterans-brain-mapping-lead-tapper-dnt.cnn 2016/11/16
医療」「非医療」双方で活用が進むニューロフィードバック・テクノロジー
ニューロフィードバックの新しい技術が開発され、医療面でのさらなる応用が期待されています。医療のみならず「非医療」の面でもニューロフィードバック・テクノロジーは未知の可能性がありそうです。 http://www.nounow.jp/technology/2880/ 2016/09/30
ニューロフィードバックで認知力は向上するのか?
実験から、ニューロフィードバックトレーニングによって、高齢者の認知機能が向上する可能性があることが明らかになりました。 http://www.nounow.jp/training/2587/ 2016/09/10
長期的な視覚課題の訓練によって脳の異なる場所に2種類の 異なる変化が起こることを人工知能技術によって解明
ニューロフィードバック・トレーニングにおいてどの領域を対象とするか決める方法を開発した。 http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160613/ 2016/06/14
早産の赤ちゃんは注意欠如・多動症のリスクが高い
妊娠週数が、赤ちゃんのその後の神経発達に影響を及ぼすことが分かった。 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26304830 2015/12/12
ニューロフィードバックのニュース
英語で恐縮ですが、なかなかうまくニューロフィードバックを説明してます。ご覧ください。 https://www.youtube.com/watch?v=Ztl6lclnkxg 2015/11/15
不登校は慢性疲労症候群のせい?
不登校児童や生徒に多いといわれている「慢性疲労症候群」は原因不明の疲労やだるさ、睡眠障害が3カ月以上続きます。理化学研究所などの共同グループは、この問題を抱えている子供の脳では、前頭葉が過剰に活動して、脳機能が非効率な状態に陥っていることをMRIで明らかにしました。
研究グループは慢性疲労症候群の子どもは、疲労により脳が活動しにくくなっているというよりも、脳の機能低下を補うために、むしろ脳を過剰に活動させていると考えられるとして、今後は子供の疲労によって引き起こされる前頭葉の過剰な活動を低減し、消失するメカニズムについて研究を続けていくとしている。
これはようにメカニズムが分かれば、ニューロフィードバックで対応が可能と思われます。 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=908204869255185&set=a.112268965515450.18688.100001970419964&type=3&theater 2015/10/22
やはり自閉症にオキシトシン
東京大学は9月4日、オキシトシン経鼻剤の連続投与によって、対人場面に現れる自閉スペクトラム症中核症状が改善することを発見したと発表しました。
今回の研究では、自閉スペクトラム症と診断された20名の成人男性を対象に、オキシトシン経鼻剤を毎日2回ずつ連続して6週間使用し、使用前と使用後に対人場面での自閉スペクトラム症中核症状や脳機能などを評価しました。
その結果、オキシトシン投与前後ではプラセボ投与前後に比べて、対人場面での相互作用の障害という中核症状の改善が有意に認められました。また、内側前頭前野と呼ばれる脳の領域の機能が改善し、この脳機能の改善が強い参加者ほど中核症状の改善効果も強く認められました。1回の投与で効果を認めた他者の友好性を理解する方法の改善と脳活動の改善については、連続投与でも概ね同じ程度の効果がありました。早く実用化されるといいですね。
ぜひニューロフィードバックと併用してみたいものです。
相乗効果が期待できそうです。 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=888660521209620&set=a.112268965515450.18688.100001970419964&type=1&theater 2015/09/05
ラジオ出演
本日8月24日、自由が丘FMに出演します。
時間がある方は聞いてくださいね。
脳トレの話をする予定です。
番組名  「れい華さんの夢実現テレビジョン」
生放送  毎月第2, 4月曜日 PM7:00~8:00 
生放送はUstreamで見れます。http://goo.gl/jAnPL8 2015/08/24

最上部へ

  • お勧め図書のご案内
  • インターネットで日本中どこでもニューロフィードバックが受けられます!
  • 兵庫県西宮市でニューロフィードバックを受けられます
  • セッションルーム便り
  • 発達障害って治る? -ニューロフィードバックから見た発達障害-
ホーム
サイトマップ
お知らせの履歴
セッションルーム便り
管理者情報
ニューロフィードバックとは
ニューロフィードバックの紹介
実際のニューロフィードバック
ニューロフィードバックの感想
ニューロフィードバック学会紹介
対応症状
自閉症
ADD/ADHD
認知症の予防
アルツハイマーは早期発見が大切
大友式ぼけ予測テスト
不眠症
うつ病
脳梗塞
てんかん
ニュース
ニューロフィードバックがニューヨークタイムズで大きく取り上げられました。
熱ショックタンパク質損傷で脳疾患 金大・山嶋准教授ら研究
ジャグリングで脳の「白質」に変化、英研究
アメリカのオンラインラジオ番組でニューロフィードバックを紹介
サイエンス・デイリー
ワールドカップ優勝チームのニューロフィードバック使用について
詳しい情報
基本的な脳の構造
脳波の理解
アルファ・シータ・プロトコール
トレーニングサイトの見つけ方と基本的トレーニング方法
トラディショナル・ニューロフィードバック
LENS (Low Energy Neurofeedback System)
HEG (Hemoencephalography) (nIR)
超低周波トレーニング
ニューロフィードバックの研究
LZTについて
よくある質問
お申し込み
トレーニングプラン
料金表
お申し込み方法
セッション・ルーム
お申し込みフォーム
リンク
ニューロフィードバック関連
発達障害
心のセラピー

お問合せ先

発達障害トレーナー、ピートと佐藤

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
固定電話: 042-427-7078
携帯電話: 090-7302-1282
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

Neurofeedback Japan

  • RSS 1.0
  • RSS 2.0
  • Atom

© 2009 Neurofeedback Japan