ホーム - サイトマップ - RSS - お問い合わせ文字サイズ:   

ニューロフィードバックの感想

東京都 男 小4(10歳) 普通級

小4の息子は、疲れやすく、よく拗ねて、空気が読めない・・・。親を含め周りの大人を敵視すような様子、生きづらい様子が見られ、このままいくと・・・不登校? どうなるのだろうと日々不安が募っておりました。

最初のトレーニングを受けた夜は、特に目立った変化はありませんでした。

それから3ケ月半、トレーニングは30回を超えた2学期、担任の先生から「お母さん、夏休み何かあったの~? 何だか、1学期と全然違うわよ。毎日、すごく楽しそうにしているわよ。」と、夏休み明けの急激な変わりようにびっくり、どうして???という様子でした。

家でも「ありがとう。」の言葉が増え、思いやり、気遣いの言葉が毎日出てくるようになりました。 つい3ケ月半前までは、
暴言やイライラで手が出る状態だったのが、今や別人。本来は、こんなに明るい子だったんだ、今まで本人もつらかったんだろうなと。
本人いわく「ビデオ(息子はそう言います)に行くとその後、何だかすごく楽しい気持ちになる。」
最近になって、休みの日には、お友達からの遊びの誘いも増え、ますます楽しそう。

読みづらい字はまだまだ、これからかな?と思いますが、まずは息子が毎日楽しく過ごせるようになった事が一番嬉しいです。感謝しております。


2009年8月から10月 東京都 Aさん

長男は3歳の時に自閉症の診断を受けました。3歳7か月から療育を始め、鍼治療や色々な治療を改善の為にと試みてきました。
1年半から2年近く通っても、療育で身の回りのことが身に付いたものの、多動と言語遅れは然程変化のない日々でした…。

そして、今年就学。
環境に慣れることが先決と思い、夏まで様子を見ていましたが、夏休みに入り、今までの治療を見直して、ネットで発見したのが、ニューロフィードバックでした。
佐藤先生のホームページで、トレーニングの様子が動画で見られるので、早速拝見しましたが、うちの息子は多動なので、椅子に座ってトレーニングが受けられるだろうか? 耳に挟む脳波をとるコード類を嫌がって外すのでは?
ということが頭をよぎりました…。
でもチャレンジせずに諦めたくないので、ホームページに載っていた佐藤先生の番号に電話をしました。
先生から、多動のお子さんも通われてますし、色々トレーニングの手法があるので、一度来られてみては?という心強い解答を頂きましたので、早速、8月中旬に予約を取りました。
場所は東池袋から歩いて3分程のマンションで、とても分かりやすかったです。

1回目のトレーニングが始まりました。やはり耳に装着したら、気になるようで外したがっていましたが、何とかトレーニング終了。
落ち着きもないので、大変だったのが初回です。
始めは詰めて通った方が効果が見出だせると先生から勧められましたので、3回目までは詰めて予約を取りました。

4回目を受けて、1ヵ月が経過。特に変化は見られませんでした。

5回目は9月中旬でしたが、今までと違い、安定した脳波が出ていました!!
ただ、持続してなかったので、持続してくると良い状態になると教えて頂き、帰宅。
トレーニング後、学校で、1学期に見られたお友達を叩いてしまうなどの衝動性が、少し落ち着いてきたと、担任の先生に言われました。
小学校初の運動会が9月末にありました。
昨年の保育園時代は運動会のザワザワした雰囲気が苦手で、泣き叫びもあったのに、今年は入場行進からニコニコ嬉しそうでした^^
50M走も頑張って完走しましたし、見違えるような息子の姿にとても感動しました☆彡

6回目の9月末のトレーニングで、5回目より安定した脳波が見られました。トレーニング時間も短縮されていて、早くなっています!!

7回目はトレーニング始めてから、1か月半。やはり脳波が安定した状態でした。
椅子に落ち着いて座り、トレーニングを受ける息子の姿は初回とは別人のようでした!!
この1カ月半で、意味理解がよくなっていること、行動に少し落ち着きがみられること、場面の切り替えが早くなっていること、口数が増えていることがあげられると思います。
今まで色々な治療をしてきましたが、こんなに短期間で、目に見える変化を見出だしたのは、嬉しい驚きです!!
今後の改善を期待して、今後とも佐藤先生、宜しくお願い致しますm(__)m


2009年2月~4月 ダウン症のMちゃん(8歳)

トレーニングを10回受けて、その都度変化をチックリストに記入し記録して頂きました。(記録者はお母さんです。)

2月7日
寝つきが良くなった。 そのほかの変化は見られない。

2月13日
少し言葉がはっきりしたような気がする。 3語分をしゃべった(今度、一緒に、行こうね。)
たまに眠いといっていた。
割と遊んでいてもすぐに止めてしまっていたことを長くやっていた。(遊びに関してだけですが・・・)

2月21日
学校で習ったことを家でよく話してくれた。 おしゃべりが少し増えた。

2月29日
足の爪をけがしたのですが、そんなに苛々することもなく落ち着いていられました。
おしゃべりをしようとすることが多くなってきています。 (まだ不明瞭ですが。)

3月8日
トイレの失敗が増えた。 
やりたい事を止められず、遊び続けてしまう。 自我が強く出てしまっていた。

3月14日
不調だった先週をまだ引きずっている感じだった。 やる気のあるときとない時の差がとても激しい。
でも、何かを伝えようとするときの単語は増えてきました。ただ伝えようとするときもあれば、諦めてしまうときもある。

3月20日
2週間調子がいまいちでしたが、今週はとても調子が良く、落ち着いていました。
言葉の聞き取りが良くなってきたようで、まねをして言うことが上手になってきました。

3月27日
引越しもありましたが、とても落ち着いて、言葉もよく出ていました。

4月5日
1番良かったと思うことは、言葉が増えたことです。 そして話したいことを自分から話すようになりました。
まだ、言葉ははっきりしない言葉も多いですが、だんだん上手になってきました。


2009年1月~3月 広汎性発達障害のSちゃん(12歳)

トレーニングを10回受けて、その都度変化をチックリストに記入し記録して頂きました。(記録者はお母さんです。)

1月14日
特に変化無し

1月22日
多弁が少しだけ良くなったような・・・あとは大きな変化はありません。

1月29日
こだわりが強く出た週でしたが、切り替えもでき、ひきづることも少なくなったような気がします。

2月4日
正直、体調の変化は私からは読み取れなくてすみません。
アップダウンの激しい1週間でした。忙しく考えが去来するも多い一週間でした。
でも切り替えも早かったです。

2月12日
とても落ち着いて過ごせた。

2月19日
混乱しつつも、自分でどうしたら良いか、理解したい、分かって不安な気持ちを落ち着かせたいという
行動がとても多かった一週間でした。

2月26日
ここ一週間、気持ちに不安を抱えても体験して安心に変えていく という前向きな気持ちが出てきている。
主治医も彼女の変化には「すごい」と言っていました。
客観視できている感じもみられます。自分を他人に置き換えてどう見られているか・・など。

3月5日
いろんな事がいっぺんに頭に浮かび整理できない様子があった。
でもすぐに切り替えられるような場面が多くびっくりです。

3月12日
気分のアップダウンはありますが自分で様々な事にチャレンジできた一週間でした。
切り替えも早くなりましたよ。すごいです!

娘はとても変化があり、すべてにおいて改善の方向に向かっていると感じます。
考えをまとめ、伝えられるようになり、自分自身でも楽になったと思う。
変化は2回目にはもう感じられた(私から見て)
年齢的な成長もあるのでしょうが、担任の先生も嫌な事には見通しを立て、挑戦できるようになったと言ってくれました。


千葉県Cさん

アメリカの友人からニューロフィードバックのことを聞きました。
アメリカではADHD、自閉症、LDなどの子供たちにかなり効果を上げているそうです。
トレーニングは1回20分~30分座っているだけですむとのこと。
日本では?とインターネットで調べ、佐藤先生のもとを訪れました。
昨年の夏休みに入ってからトレーニング開始。
多動で自閉傾向のある小学4年の息子がちゃんとトレーニングを受けられるか不安でした。
しかし短時間でしかも椅子に座っているだけで負担が全くなく、これなら続けられると思いました。
開始して5~6回で字の変化が現われました。 
全く判読できない字を書いていたのですが、信じられないほど上手に字を書けるようになりました。 
判読できないほど字が汚く受けることができなかった漢字検定も受けることができ、5級(小6終了程度)に合格できました。

また2学期になって音声チックなどもほとんど無くなり、以前は全くできなかった身辺整理もかなり改善されました。 
音声チック、身辺整理は、改善するように何年も取り組んできましたが、少しも改善されず、こんなに簡単に良くなってしますのには大変驚きました。
勉強面でも集中して取り組むことができるようになりました。
特に社会の成績が上がり、担任の先生から「夏休みに何かあったのですか?」と聞かれたりもしました。

健康面でも、平熱が高めで、季節の変わり目には喘息の予防薬が手放せなかったのですが、今年はほとんど飲まずにすみました。
トレーニングを始めてから8ヶ月目の3月の現在も週2回約20分前後のトレーニングを続けています。
信頼できる佐藤先生のもとでトレーニングを受けることができたことは本当に幸運でした。 
トレーニングの際の子供の負担もなく、このようにいろいろな面で改善されたことは今でも信じられません。 
もっと多くの子供たちがニューロフィードバックに出会えることを切に思います。


東京都 Oさん

ADHDと診断されている高校生の息子の投薬治療に限界を感じていた時に、
ニューロフィードバックを知り、通い始めて半年経ちます。
最初は効果が出ても2、3日しか持ちませんでしたが、段々と持続するよ
うになりました。
以前の息子は苛々が強く、無気力で、すぐに自暴自棄になり、攻撃性が日
に日に増して、将来に希望が持てない状態でしたが、現在は苛々も激減し
明るく活動的になりました。
息子の場合、投薬治療とは比べ物にならない効果が出ています。投薬でA
DHDを治す事は出来ず、一生辛い症状と戦っていかなければならない思う
と、心配は尽きませんでしたが、将来に希望が持てる様になりました。
また、途中から私もトレーニングを始めましたが、鬱気味だったのが、気
力が出て気分が明るくなりました。薬と違い副作用も感じず安心して続け
られます。
ニューロフィードバックに出会い、佐藤先生にトレーニングをしていただ
いたお陰で、息子が本来持っていた明るく素直な性格が引き出され、平和
で落ち着いた家庭を手に入れる事が出来ました。
心から感謝しています。


千葉県 臨床心理士 Hさん

「ニューロフィードバックの体験というものは、私にとってとても不思議なものでした。
ただ音を聞いているだけなのに、不快になったり、体がリラックスをしているときのように重く、暖かく感じたり、眠気を感じたり。
自分ではなにも意識していないにも関わらず、そのような気持ちや体への変化が現れ、これまでにはない特別な体験でした。
意識せずにこのような変化が現れたと言うことは、自分で意識しようと思ってもうまくいかないときでも、ニューロフィードバックであれば、気持ちや体への変化を促せると言うことではないでしょうか。
自分ではコントロールしきれない状態にあるとき、ニューロフィードバックは非常に有効だと思います。」


神奈川県 介護士 Sさん

「私は気分がモヤモヤして元気がでない時にニューロフィードバックのトレーニングをすると頭の中爽やかな風が吹いたようにすっきりとして気分が軽くなります。


静岡県 Tさん 40歳

もともとは頻繁に起こる頭痛解消の為にneurofeedbackを受けました。
最初の頃は頭痛に対する効果は分かりませんでした。
neurofeedbackを行うようになっても、頭痛はおきていたので。

すぐ実感できたのは、体と気分がスッキリした事です。
まるで身体の中の空気が入れ替わったような清々しい感じです。
気持ちも明るくなって元気になります。

私はneurofeedbackを始めて、不定期にですが数年経ちます。
その間、1年半前から耳管開放症を患い、そちらに気を取られていたのですが、
ある日、以前からの頭痛がほとんどおきなくなっているのに気付きました。
(生理前・中に頭が痛くなる事もありますが)。

今年の春、身体が重くて、なんだか瞼が半分おりてるような、
目をあけてるのが辛いような時があったのですが、
それもneurofeedbackを受けたら、なくなってしまいました。

今は、耳管開放症に少しでも効果があればとおもっています。
これまではあまり顕著な効果がありませんでしたが、
先日、自声強聴と呼吸音聴取がひどくなっている時に
受けたところ、次の日から改善され助かりました。
漢方薬の量も増やしたりしているのでneurofeedbackがすべてかどうかは分かりません。
ただ、この病気のストレスもかなりあるので(もちろん病気には良くないです)、
それを解消できるのは、症状の軽減に役立つと思っています。

私はのんびりやですが、どちらかといえば神経質で、常に気が張りつめているので
心身ともに消耗して疲れきってしまいます。
neurofeedbackを受けると、私は受けた直後から当日(長いときは翌日も)、
だるくて、眠くなります。
そしてその後、すっきりと元気になります。
個人差があると思うので、これは私の場合と断っておきますが。

neurofeedbackをおこなった後で佐藤先生に
その状態・経過など伝えておくと、、良い点はもちろんですが、
あまり効果が実感できなかったり、逆にマイナスな点
(私の場合はすごくだるくなってしまったり、イライラしてしまったり)も
快く聴いてくれて(がっかりはされますが)、次回には調整してくれます。

疲れた時に鍼やマッサージ・整体等に行ったりする方がいるように、
そういう感覚で受けられてもいいかと思います。


東京都 Nさん

私とニューロフィードバックの出会いは、と友人の紹介でした。

「私に合うと思うよ」

この一言が、悩んでいた私の背中を押したのでした。

上京して一年。

その時の私は悩み、焦り、イライラとしていて、それはそれは怖い顔をしていたようです。

でも毎週トレーニングに通うようになり、気が付いたら以前より無駄なイライラがなくなりました。

そして紹介してくれた友人に久々に会った時、その人が一言。


「顔つきが戻ってる」


私はその一言で、これからもトレーニングに通おうと心に決めたのでした

最上部へ

  • お勧め図書のご案内
  • インターネットで日本中どこでもニューロフィードバックが受けられます!
  • 兵庫県西宮市でニューロフィードバックを受けられます
  • セッションルーム便り
  • 発達障害って治る? -ニューロフィードバックから見た発達障害-
ホーム
サイトマップ
お知らせの履歴
セッションルーム便り
管理者情報
ニューロフィードバックとは
ニューロフィードバックの紹介
実際のニューロフィードバック
ニューロフィードバックの感想
ニューロフィードバック学会紹介
対応症状
自閉症
ADD/ADHD
認知症の予防
アルツハイマーは早期発見が大切
大友式ぼけ予測テスト
不眠症
うつ病
脳梗塞
てんかん
ニュース
ニューロフィードバックがニューヨークタイムズで大きく取り上げられました。
熱ショックタンパク質損傷で脳疾患 金大・山嶋准教授ら研究
ジャグリングで脳の「白質」に変化、英研究
アメリカのオンラインラジオ番組でニューロフィードバックを紹介
サイエンス・デイリー
ワールドカップ優勝チームのニューロフィードバック使用について
詳しい情報
基本的な脳の構造
脳波の理解
アルファ・シータ・プロトコール
トレーニングサイトの見つけ方と基本的トレーニング方法
トラディショナル・ニューロフィードバック
LENS (Low Energy Neurofeedback System)
HEG (Hemoencephalography) (nIR)
超低周波トレーニング
ニューロフィードバックの研究
LZTについて
よくある質問
お申し込み
トレーニングプラン
料金表
お申し込み方法
セッション・ルーム
お申し込みフォーム
リンク
ニューロフィードバック関連
発達障害
心のセラピー

お問合せ先

発達障害トレーナー、ピートと佐藤

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
固定電話: 042-427-7078
携帯電話: 090-7302-1282
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

Neurofeedback Japan

  • RSS 1.0
  • RSS 2.0
  • Atom

© 2009 Neurofeedback Japan