ホーム - サイトマップ - RSS - お問い合わせ文字サイズ:   

熱ショックタンパク質損傷で脳疾患 金大・山嶋准教授ら研究

2009年11月02日

 金大大学院医学系研究科・再生脳外科学教室の山嶋哲盛准教授と三重大の共同研究グループは23日までに、ニホンザルの脳を使った実験で、脳梗塞(こうそく)やアルツハイ マー病など脳疾患の原因である神経細胞死が、細胞を保護する「熱ショックタンパク質」 (HSP)の損傷によって生じることを突き止めた。ヒトの脳疾患にもHSPの保護や補 給が有効とみられ、新薬開発や治療への応用が期待される。
  山嶋准教授らは、人工的に脳梗塞を起こしたニホンザルの脳からタンパク質を抽出。三 重大と島津製作所(京都市)の協力を受けて詳細に解析した。
  この結果、熱ショックタンパク質の一つである「HSP70」の損傷が平常時と比べ、 10倍以上に増えていることが判明した。
  HSP70は細胞内の小器官「リソソーム」から、タンパク質を分解する「カテプシン 」の漏出を防ぎ、細胞が壊れないようにしている。解析結果では、HSP70が損傷を受 けたことにより、リソソームが破裂して細胞成分が破壊されていた。
  これまで脳疾患にはカテプシンの漏出が関係していることは知られていたが、リソソー ムが破裂する原因は分かっていなかった。
  山嶋准教授によると、ニホンザルの脳はアミノ酸の構成がヒトと極めて近く、共通性が 高いと考えられる。HSP70の損傷と脳疾患の因果関係が明らかになったことで、酸化 からHSP70を守る抗酸化剤の活用や、HSP70を使った医薬品、健康食品の開発も 期待できるという。
  研究成果は23日までに、オランダの医学雑誌「プログレス イン ニューロバイオロ ジー」の電子版に掲載された。山嶋准教授は「脳疾患の多くにかかわる神経細胞死の全容 解明に大きく近づいた。一日も早い臨床応用を目指したい」と話した。
  九州大生体防御医学研究所の中別府雄作教授(脳機能制御学) 今回の研究成果によっ てHSP70の酸化を制御できれば、神経細胞死を防ぐことができると考えられる。分子 標的の一つが判明したことで、創薬などへの活用も期待される。

北國新聞社 富山新聞社

最上部へ

  • お勧め図書のご案内
  • インターネットで日本中どこでもニューロフィードバックが受けられます!
  • 兵庫県西宮市でニューロフィードバックを受けられます
  • セッションルーム便り
  • 発達障害って治る? -ニューロフィードバックから見た発達障害-
ホーム
サイトマップ
お知らせの履歴
セッションルーム便り
管理者情報
ニューロフィードバックとは
ニューロフィードバックの紹介
実際のニューロフィードバック
ニューロフィードバックの感想
ニューロフィードバック学会紹介
対応症状
自閉症
ADD/ADHD
認知症の予防
アルツハイマーは早期発見が大切
大友式ぼけ予測テスト
不眠症
うつ病
脳梗塞
てんかん
ニュース
ニューロフィードバックがニューヨークタイムズで大きく取り上げられました。
熱ショックタンパク質損傷で脳疾患 金大・山嶋准教授ら研究
ジャグリングで脳の「白質」に変化、英研究
アメリカのオンラインラジオ番組でニューロフィードバックを紹介
サイエンス・デイリー
ワールドカップ優勝チームのニューロフィードバック使用について
詳しい情報
基本的な脳の構造
脳波の理解
アルファ・シータ・プロトコール
トレーニングサイトの見つけ方と基本的トレーニング方法
トラディショナル・ニューロフィードバック
LENS (Low Energy Neurofeedback System)
HEG (Hemoencephalography) (nIR)
超低周波トレーニング
ニューロフィードバックの研究
LZTについて
よくある質問
お申し込み
トレーニングプラン
料金表
お申し込み方法
セッション・ルーム
お申し込みフォーム
リンク
ニューロフィードバック関連
発達障害
心のセラピー

お問合せ先

発達障害トレーナー、ピートと佐藤

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
固定電話: 042-427-7078
携帯電話: 090-7302-1282
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

Neurofeedback Japan

  • RSS 1.0
  • RSS 2.0
  • Atom

© 2009 Neurofeedback Japan