ホーム - サイトマップ - RSS - お問い合わせ文字サイズ:   

ワールドカップ優勝チームのニューロフィードバック使用について

2006年07月29日

ウオールストリートジャーナルのスポーツ科学とバイオフィードバック欄
ウオールストリートジャーナルの2006年7月29日の記事より

By RUSSELL ADAMS
July 29, 2006;PageP1
イタリアのワールドカップ優勝チームのメンバーがニューロフィードバックを試みました。

Andrea Pirloを含む数人のワールドカップ優勝チームのメンバーがトーナメント前に集中的にニューロフィードバックトレーニングを行いました。
このテクニックがしばしば馬鹿にされているスポーツ心理学として知られる分野、スポーツ選手の心理面にいくらかの科学性をもたらしました。
ニューロフィードバックを行うためスポーツ選手は電極を付けられ脳波測定します。 そして彼らは過去のプレイにくよくよするとかの気を散らせるものなどを象徴する脳波中のスパイクをコントロールする方法を学ぼうとします。

評論家はモニタースクリーン上の線をコントロールできることと時速100マイルの速球が向かってくるときとかパーパットのときにテレビカメラが上からの迫ってくるときに冷静でいることとはまったく違うことだといいます。

多くのトレーニング方法のはやりすたりを見てきたベテランスポーツ記者として私はニューロフィードバックを試さずにはいられませんでした。 ニューロフィードバックの機械につながれて複雑な計算をしたり心拍数を減少させる方法を試したりしました。 想像してたよりはるかに努力を要するものでした。 しかしその体験によりより集中した状態とはどのようなものか、またはストレスとプレッシャーが脳に与える影響について感じることができました。

ある練習での目的は集中力を使いコンピュータスクリーン上の2匹のねずみを前進させるものでした。

やっとこつをつかみかけたところ編集者からの電話で中断させられました。 次の5分間ではねずみが後退してしまいました。
ニューロフィードバックの今年のワールドカップにおける大きな効果については公にはあまり知られていません。 2月に、トーナメントが始まる数ヶ月前イタリアのベストプレーヤーの何人かはミラノで豪華な革製のリクライニングチェアーのある小さな部屋で練習時間の多くを過ごしました。

当社の記者が3度ニューロフィードバックを試し彼が忙しい脳の持ち主だと分かりました。

画面の反対側でAC Milanのスポーツサイエンスラボの所長Bruno De MichelisがカナダのThought Technology Ltd製のシステムに接続された6個のモニターを見守っています。

モニターは各選手のストレス下での脳の反応を示します。 データによるとある選手は他の選手の前でメンタルエキソサイズをするとあがったり、試合の後にリラックスするのに苦労をしたり、試合前にテンションを高めるのに時間がかかったりすることが分かりました。
そのから選手たちは脳をジョイスティックにしたコンピュータゲームに似た練習をとおしてそれらの問題点の改善を試みました。

Mr. De Michelisが言うにはゲーム中たとえばペナルティーキックのときなどに多くのエネルギーが無駄に使われます。「これはまさに無駄な努力です。」「この問題に対し魔法のように解決はできませんが、いくらかの助けにはなれます。」

「クアイエット・マインド(静かな心)」として知られる競技中に雑念を振り払う能力はスポーツにおける最も大事なことのひとつです。 選手はバスケットボールの選手が数千人のファンの声援の中でリングに集中したり、テニスの選手がミスショットに自責の念を持たないことなどのストレス下での強い集中力を持つ能力は大変強力な武器だと考えます。
タイガー・ウッズの父アールは彼が決定的瞬間に雑念を排除できるようにポケットの中の小銭をジャラジャラさせたり、ゴルフバッグを落としたり、息子の視野にボールを転がしたりしました。
ゴルファー、Se Ri Pakの父親は娘が精神的に強くなるように別の方法を使いました。 子供のときに闘牛を見せたり、夜中にお墓に連れて行ったりしました。

?

いままでニューロフィードバックは医療現場に限定されていました。 例えばADD患者は脳の一部の活動の低下が見られることが分かりました。 ニューロフィードバックが遅い脳波を早める脳波パターンの作り方を教えます。 しかし脳トレーニングは主にその有用性と1時間$200にもなる高額さにより健康な人には使われませんでした。

?

ここ10年の間に大学の研究者とニューロフィードバック機器の製造会社の何社かがオーストリアのスキーヤーHermann Maierのようなオリンピック選手を手助けすることを含むスポーツの世界に取り組み始めました。

これらの多くの選手たちはバイオフィードバックの経験はありました。 バイオフィードバックはνフィードバックが神経に着目するのに対し、ストレス下における生理現象をコントロールすることにフォーカスおきます。 (早い心拍とか強い筋緊張など) さらに混乱を深めることにはニューロフィードバックは時としてEEGバイオフィードバックと呼ばれます。

ニューロフィードバックの支持者たちによれば未来的に聞こえはしますが脳の再訓練はすでに可能です。 なぜなら科学者は最高の集中に対応するのがどの脳波の周波数か正確に分かっているからです。

被験者が学ばねばならないのは練習してその同じ周波数を達成する方法です。

?

ここ5年の間ニューロフィードバックはいくつかの医学と心理学のジャーナルの研究のフォーカスになりました。 ほとんどのジャーナルで脳の再訓練は可能であることを支持しています。

去年の秋カナダテニス協会がトップ20の若手選手にニューロフィードバックを受けさせました。 そしてモントリオールのMcGill Universityと公立コーチ協会がホッケーとラケットボールなどの地方のトップ80人の選手に対し5年間のニューロフィードバックの効用性のテストを行うことを決めました。

最上部へ

  • お勧め図書のご案内
  • インターネットで日本中どこでもニューロフィードバックが受けられます!
  • 兵庫県西宮市でニューロフィードバックを受けられます
  • セッションルーム便り
  • 発達障害って治る? -ニューロフィードバックから見た発達障害-
ホーム
サイトマップ
お知らせの履歴
セッションルーム便り
管理者情報
ニューロフィードバックとは
ニューロフィードバックの紹介
実際のニューロフィードバック
ニューロフィードバックの感想
ニューロフィードバック学会紹介
対応症状
自閉症
ADD/ADHD
認知症の予防
アルツハイマーは早期発見が大切
大友式ぼけ予測テスト
不眠症
うつ病
脳梗塞
てんかん
ニュース
ニューロフィードバックがニューヨークタイムズで大きく取り上げられました。
熱ショックタンパク質損傷で脳疾患 金大・山嶋准教授ら研究
ジャグリングで脳の「白質」に変化、英研究
アメリカのオンラインラジオ番組でニューロフィードバックを紹介
サイエンス・デイリー
ワールドカップ優勝チームのニューロフィードバック使用について
詳しい情報
基本的な脳の構造
脳波の理解
アルファ・シータ・プロトコール
トレーニングサイトの見つけ方と基本的トレーニング方法
トラディショナル・ニューロフィードバック
LENS (Low Energy Neurofeedback System)
HEG (Hemoencephalography) (nIR)
超低周波トレーニング
ニューロフィードバックの研究
LZTについて
よくある質問
お申し込み
トレーニングプラン
料金表
お申し込み方法
セッション・ルーム
お申し込みフォーム
リンク
ニューロフィードバック関連
発達障害
心のセラピー

お問合せ先

発達障害トレーナー、ピートと佐藤

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
固定電話: 042-427-7078
携帯電話: 090-7302-1282
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

Neurofeedback Japan

  • RSS 1.0
  • RSS 2.0
  • Atom

© 2009 Neurofeedback Japan