ホーム - サイトマップ - RSS - お問い合わせ文字サイズ:   

LZTについて

2009年10月20日

ライブゼットスコア・トレーニング
今年のニューロフィードバック総会での一番の注目はなんといってもLZTでした。
LZTとはLive Zet score Training(ライブゼットスコア・トレーニング)の略です。
脳波をリアルタイムでデータベースと比較しその差を少なくしていくトレーニングです。
これまでのトレーニングでは、ある特定の部位で1つの周波数域(例えばベータ波)の振幅(電圧)を上げたとき、他の部位でその影響がどのようにでるかわかりませんでした。
ところがライブゼットスコア・トレーニングではそれを知ることがで、さらにそこで望まれない変化が起きた場合それを抑えることが可能です。
つまりライブゼットスコア・トレーニングは脳をより広範囲に、多面的にトレーニングすることを可能にするだけでなく、これまでのトレーニングで他の部位がどうなっているかをモニターすることもできるのです。
またトレーニング項目は、振幅、コヒアランス、フェーズ、アシンメトリー、シンクロニーなど、4チャンネルの場合248項目におよびます。
248個のトレーニングを同時に行うのです。
この恐ろしいほど複雑なトレーニングを脳はなんなくこなしていきます。
そしてその結果引き起こされる変化はこれまでのニューロフィードバック・トレーニングより、早く、大きいもののようです。
まだ新しいトレーニング方法で、今年から本格的に使われ始めたものなので、まだ臨床事例が少なく、これからデータが出てくると思いますが、非常に期待できそうです。

ライブ・ゼットスコアー・トレーニング
年齢別の脳波のデータベース(NeuroGuide)の平均値に比較し、SD(standard deviation 標準偏差)で特定の部位(トレーニングサイト)における特定の周波数域(例えばアルファ波)の特性を表します。
平均値を0とし、1SDは34%です。
つまり、+-1SDは68%になります。
例えばP4という場所でのアルファ波の振幅が1SDであるということは平均値が10uVであるとき6.6-13.4uVになります。 この間にあるとき1SDです。
LZTの1項目に焦点を当てたときの例なのですが、平均値が10uVであるとき、アルファ波が6.6-13.4uVの間に収めるようにトレーニングするのが、1SDに設定した場合のLZTです。

最上部へ

  • お勧め図書のご案内
  • インターネットで日本中どこでもニューロフィードバックが受けられます!
  • 兵庫県西宮市でニューロフィードバックを受けられます
  • セッションルーム便り
  • 発達障害って治る? -ニューロフィードバックから見た発達障害-
ホーム
サイトマップ
お知らせの履歴
セッションルーム便り
管理者情報
ニューロフィードバックとは
ニューロフィードバックの紹介
実際のニューロフィードバック
ニューロフィードバックの感想
ニューロフィードバック学会紹介
対応症状
自閉症
ADD/ADHD
認知症の予防
アルツハイマーは早期発見が大切
大友式ぼけ予測テスト
不眠症
うつ病
脳梗塞
てんかん
ニュース
ニューロフィードバックがニューヨークタイムズで大きく取り上げられました。
熱ショックタンパク質損傷で脳疾患 金大・山嶋准教授ら研究
ジャグリングで脳の「白質」に変化、英研究
アメリカのオンラインラジオ番組でニューロフィードバックを紹介
サイエンス・デイリー
ワールドカップ優勝チームのニューロフィードバック使用について
詳しい情報
基本的な脳の構造
脳波の理解
アルファ・シータ・プロトコール
トレーニングサイトの見つけ方と基本的トレーニング方法
トラディショナル・ニューロフィードバック
LENS (Low Energy Neurofeedback System)
HEG (Hemoencephalography) (nIR)
超低周波トレーニング
ニューロフィードバックの研究
LZTについて
よくある質問
お申し込み
トレーニングプラン
料金表
お申し込み方法
セッション・ルーム
お申し込みフォーム
リンク
ニューロフィードバック関連
発達障害
心のセラピー

お問合せ先

発達障害トレーナー、ピートと佐藤

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
固定電話: 042-427-7078
携帯電話: 090-7302-1282
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

Neurofeedback Japan

  • RSS 1.0
  • RSS 2.0
  • Atom

© 2009 Neurofeedback Japan