ホーム - サイトマップ - RSS - お問い合わせ文字サイズ:   

実際のニューロフィードバック

まず最初にこれまでにかかった病気、診断名、トレーニングの目的、今のあなたの様子などをお聞きします。

必要なら注意持続力テストを受けてもらいます。

そしてあなたの脳波をモニターしブレインマップを作ります。

トレーニングの目的とブレインマップ等の情報を考慮し、
トレーニング方法の候補を決め、その中で一番良いと方法から試していきます。

トレーニング中の実際の脳波の変化をほぼリアルタイムで見ることができるので、その場で調整ができ、トレーニングの精度を高めることができます。

トレーニングがうまくいったかどうかはトレーニング前後の脳波の変化と翌日の40以上の質問項目の評価の改善で判断します。
トレーニングの結果を実際の脳波の変化と生活上の行動の変化で評価しています。
それらの情報も基にトレーニングが順調に進んでいるかどうかを判断します。

順調に進んでいることが確認できれば、それを10回とか20回続けます。

良い変化が止まった時点で、トレーニングを終了するか、次のトレーニング方法に変えるか判断します。

最上部へ

  • お勧め図書のご案内
  • インターネットで日本中どこでもニューロフィードバックが受けられます!
  • 兵庫県西宮市でニューロフィードバックを受けられます
  • セッションルーム便り
  • 発達障害って治る? -ニューロフィードバックから見た発達障害-
ホーム
サイトマップ
お知らせの履歴
セッションルーム便り
管理者情報
ニューロフィードバックとは
ニューロフィードバックの紹介
実際のニューロフィードバック
ニューロフィードバックの感想
ニューロフィードバック学会紹介
対応症状
自閉症
ADD/ADHD
認知症の予防
アルツハイマーは早期発見が大切
大友式ぼけ予測テスト
不眠症
うつ病
脳梗塞
てんかん
ニュース
ニューロフィードバックがニューヨークタイムズで大きく取り上げられました。
熱ショックタンパク質損傷で脳疾患 金大・山嶋准教授ら研究
ジャグリングで脳の「白質」に変化、英研究
アメリカのオンラインラジオ番組でニューロフィードバックを紹介
サイエンス・デイリー
ワールドカップ優勝チームのニューロフィードバック使用について
詳しい情報
基本的な脳の構造
脳波の理解
アルファ・シータ・プロトコール
トレーニングサイトの見つけ方と基本的トレーニング方法
トラディショナル・ニューロフィードバック
LENS (Low Energy Neurofeedback System)
HEG (Hemoencephalography) (nIR)
超低周波トレーニング
ニューロフィードバックの研究
LZTについて
よくある質問
お申し込み
トレーニングプラン
料金表
お申し込み方法
セッション・ルーム
お申し込みフォーム
リンク
ニューロフィードバック関連
発達障害
心のセラピー

お問合せ先

発達障害トレーナー、ピートと佐藤

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
固定電話: 042-427-7078
携帯電話: 090-7302-1282
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

Neurofeedback Japan

  • RSS 1.0
  • RSS 2.0
  • Atom

© 2009 Neurofeedback Japan