ホーム - サイトマップ - RSS - お問い合わせ文字サイズ:   

セッションルーム便り

トレーニングの手順

2014/01/03

今日は脳トレの手順をご案内します。
まず、主訴を教えてください。
チェックリストを記入してください。
それぞれの項目に1から10の数字を記入してください。
問題なしが「1」で、最悪が「10」です。
症状チェックリスト 生年月日 年齢
     名前: 利き手 右  左

日付                      
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
寝つき                      
夜中に起きる                      
悪夢                      
いびき                      
字が汚い(絵が下手)                      
考えが混乱している                      
忙しく考えが去来する                      
衝動性                      
感情のコントロール                      
そわそわする                      
すぐ泣く                      
すぐ興奮する                      
いらいらする                      
すぐ怒る                      
すぐ怖がる                      
攻撃する                      
心配性                      
暗い気分になる                      
否定的な考え                      
ぼーとする                      
やる気が出ない                      
幸せな感じがしない                      
リラックスできない                      
穏やかに話せない                      
体の凝り(肩の凝り)                      
チック(声が出る、体が動く)                      
頭痛                      
肌がぞわぞわする                      
痛みに過敏                      
はきけ                      
反応時間                      
記憶力                      
読書力                      
集中力                      
過集中する(やめられない)                      
はっきり考えられない                      
整理整頓                      
順序立てない                      
時間を守れない                      
同情心がない                      
物忘れ                      
アイコンタクト                      
スローダウンできない                      
おしゃべり                      
爪かみなどのくせ                      
多動                      

困り度を数字で表していただきます。
数字が高い項目が困っている項目です。
それが脳のどの部分の問題が考えます。
それから実際に脳波測定を行います。
脳波は閉眼、開眼、と注意持続力テストをしながら測ります。
それらの情報をもとに3種類のブレインマップ(脳地図)を作成します。
ブレインマップは年齢別標準データベースとの比較により、
あなたの脳のどこがどのくらい所謂標準的な同年齢の脳と異なるかを数十の項目で示します。
大変詳細なデータを示します。
また脳波測定の際に行う注意持続力テストはIVAと呼ばれ、それ自身がIQのような指針となり、
発達障害の診断の一つに使われます。
この結果も脳トレのための有益なデータとなります。
それら全てのデータを解析し、統合し、あなたの脳の必要とするトレーニングを決定します。
そしてあなたの脳が今必要なトレーニングプログラムを作成するのです。
このようにニューロフィードバックは大変個人的、オーダーメイドのトレーニングなのです。
あなただけのためのトレーニング、しかも今必要なトレーニングなのです。
脳は一人一人異なり、しかも日々変化しているのです。
効果的な脳トレーニングにはこうでなければならないのです。
しかもそのトレーニングは脳が無意識で行うもので、本人にはあまり負担になりません。
負担になるどころか、大抵の場合、子供も大人も喜んで、楽しくやります。
なぜならそれは好きな映画かアニメを見るだけだからです。
見ていること自体楽しいのですが、見ているあいだに脳が良い方に変化します。
すると苛立ちが減ったり、テンションが緩んだり、凝りが緩んだりしてきます。
気持ちが穏やかになったり、明るく、楽しくなったりしてきます。
なぜなら脳は常に変化していて、それが良い方向に変化しているときに、あなたの見ている画面が明るく、よく見えます。
しかしそうでないときには画面が暗くなります。
これはまるで脳へのABAです。脳に良い状態を褒美をやることで覚えてもらうのです。
脳への再教育、大変効果的な療育でもあるのです。
見ている本人はだんだん画面が暗くなることすら気にならなくなります。
しかし確実に脳が変化してきます。
その変化の様子は脳波により、リアルタイムに見ることができます。
そしてトレーニング終了時にどのくらい脳が変化したのかも見て取れるのです。
このようにデジタル脳トレ、ニューロフィードバックは大変科学的で、効果的なトレーニングなのです。

表示/非表示2015年

表示/非表示2014年

表示/非表示2013年

表示/非表示2010年

表示/非表示2009年

最上部へ

  • お勧め図書のご案内
  • インターネットで日本中どこでもニューロフィードバックが受けられます!
  • 兵庫県西宮市でニューロフィードバックを受けられます
  • セッションルーム便り
  • 発達障害って治る? -ニューロフィードバックから見た発達障害-
ホーム
サイトマップ
お知らせの履歴
セッションルーム便り
管理者情報
ニューロフィードバックとは
ニューロフィードバックの紹介
実際のニューロフィードバック
ニューロフィードバックの感想
ニューロフィードバック学会紹介
対応症状
自閉症
ADD/ADHD
認知症の予防
アルツハイマーは早期発見が大切
大友式ぼけ予測テスト
不眠症
うつ病
脳梗塞
てんかん
ニュース
ニューロフィードバックがニューヨークタイムズで大きく取り上げられました。
熱ショックタンパク質損傷で脳疾患 金大・山嶋准教授ら研究
ジャグリングで脳の「白質」に変化、英研究
アメリカのオンラインラジオ番組でニューロフィードバックを紹介
サイエンス・デイリー
ワールドカップ優勝チームのニューロフィードバック使用について
詳しい情報
基本的な脳の構造
脳波の理解
アルファ・シータ・プロトコール
トレーニングサイトの見つけ方と基本的トレーニング方法
トラディショナル・ニューロフィードバック
LENS (Low Energy Neurofeedback System)
HEG (Hemoencephalography) (nIR)
超低周波トレーニング
ニューロフィードバックの研究
LZTについて
よくある質問
お申し込み
トレーニングプラン
料金表
お申し込み方法
セッション・ルーム
お申し込みフォーム
リンク
ニューロフィードバック関連
発達障害
心のセラピー

お問合せ先

発達障害トレーナー、ピートと佐藤

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
固定電話: 042-427-7078
携帯電話: 090-7302-1282
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

Neurofeedback Japan

  • RSS 1.0
  • RSS 2.0
  • Atom

© 2009 Neurofeedback Japan