ホーム - サイトマップ - RSS - お問い合わせ文字サイズ:   

セッションルーム便り

心の痛みと体の痛み

2013/12/12

2011年5月30日掲載の“Science Daily”によると身体的な痛み及び失恋した時の心の痛みは同じ脳の領域で処理されるということが発表されました。
失恋したばかりの40人の被験者に、(1)失恋した恋人の写真と(2)友人の写真を順番に見せ、見た時の脳の状態をFMRIでスキャンし、その分析結果として、身体的痛みを感じる脳領域の脳反応が非常に活性化されているという結果が出たのだそうです。
人の感情を司るのは、前頭葉の眼窩前頭皮質(がんかぜんひしつ)だと言われています。その名前の由来は、眼窩とは、頭蓋骨の眼球の収まるくぼみ部分で、その眼科の真上にある脳領域だからだそうです。人はここで、意思決定の認知処理、つまり自分が感じた感情が何であるかを認識するのです。
失恋した時に、胸が苦しく、熱が出たり食欲不振や倦怠感等で体調を壊したりするのは、感情の認知処理に誤解が生じて、身体の痛みを感じる脳の領域を刺激するからだそうです。
そもそも脳の痛みを感じる領域はさまざまな場所にあって非常に複雑ですから、病気の場合でも体の痛みは炎症が生じている痛みの核よりも広範囲に感じるものだそうです。時には全く違った場所に感じる場合もあります。だから胃が痛いのに心臓の病気だったりする事があるわけです。
まだまだ脳には未知の部分がたくさんあるので理由はわかりませんが、失恋することによって、激しい悲しみや喪失感を感じるような情報を眼窩前皮質が感知すると、身体的痛みを感じる脳領域を刺激するような信号をどういうわけか送ってしまうのです。
微熱、食欲喪失、心の痛み、倦怠感等はこれが原因です。酷い場合はストレス性心筋症という心臓の病気を一時的に起こすこともあるそうです。但し、これは誤刺激ですから時間が経つと痛みは解消されます。「時間が解決してくれる」という言葉はここから生じています。

表示/非表示2015年

表示/非表示2014年

表示/非表示2013年

表示/非表示2010年

表示/非表示2009年

最上部へ

  • お勧め図書のご案内
  • インターネットで日本中どこでもニューロフィードバックが受けられます!
  • 兵庫県西宮市でニューロフィードバックを受けられます
  • セッションルーム便り
  • 発達障害って治る? -ニューロフィードバックから見た発達障害-
ホーム
サイトマップ
お知らせの履歴
セッションルーム便り
管理者情報
ニューロフィードバックとは
ニューロフィードバックの紹介
実際のニューロフィードバック
ニューロフィードバックの感想
ニューロフィードバック学会紹介
対応症状
自閉症
ADD/ADHD
認知症の予防
アルツハイマーは早期発見が大切
大友式ぼけ予測テスト
不眠症
うつ病
脳梗塞
てんかん
ニュース
ニューロフィードバックがニューヨークタイムズで大きく取り上げられました。
熱ショックタンパク質損傷で脳疾患 金大・山嶋准教授ら研究
ジャグリングで脳の「白質」に変化、英研究
アメリカのオンラインラジオ番組でニューロフィードバックを紹介
サイエンス・デイリー
ワールドカップ優勝チームのニューロフィードバック使用について
詳しい情報
基本的な脳の構造
脳波の理解
アルファ・シータ・プロトコール
トレーニングサイトの見つけ方と基本的トレーニング方法
トラディショナル・ニューロフィードバック
LENS (Low Energy Neurofeedback System)
HEG (Hemoencephalography) (nIR)
超低周波トレーニング
ニューロフィードバックの研究
LZTについて
よくある質問
お申し込み
トレーニングプラン
料金表
お申し込み方法
セッション・ルーム
お申し込みフォーム
リンク
ニューロフィードバック関連
発達障害
心のセラピー

お問合せ先

発達障害トレーナー、ピートと佐藤

氏名: 佐藤 譲
E-mail: neurofeedbackjp@gmail.com
固定電話: 042-427-7078
携帯電話: 090-7302-1282
住所: 〒182-0024
  調布市布田 1-32-5
  マートルコート調布 402

Neurofeedback Japan

  • RSS 1.0
  • RSS 2.0
  • Atom

© 2009 Neurofeedback Japan